一度片づかなくなると連鎖的に片づかない><

母が救急車で運ばれて以降、つまり9月21日以降、ずっと落ち着かなくなり、それまで習慣にしていたことが習慣に出来なくなったことが増え、身の回りが片づかなくなりました。

どうにか頑張ろうとしてもどうしても片付きません><

うーん

銀行の手続きが済めば片づける気になるのかな。

毎日、朝から夜まで1歳児といっしょに過ごしていると、その散らかしたものを片付けるだけでたいへんです。

おもちゃはもともと(現在5歳の)姉のために買ったものなので、1歳児が「使う」ものじゃないのだけれど、ただ散らかすのが大好きなので、引出しを開けては、カード類を1秒で床に撒いて満足気です。

よちよちと歩き始めて、今は「歩く」ことが遊びのひとつです。

家計簿を諦めるか、もう一度つけるか、まだ決め切れず、レシートの類が溜まり続けているのも身辺が片づかない要因の一つです。

だけど、母が亡くなって考えさせられることがありました。

人が一人亡くなると、その人が使っていたものは全部不要になるんだな、と。

私が今使っているものも、私が使えなくなれば全部不要になるわけですもんね。

きっと家計簿だって私しかいらないものの1つです。

デジタルだから、ポチッと押せば一瞬でなくなりますけどね。

母は紙の日記帳を書いていました。

3年流用日記を使いきると私がネットで注文してあげていました。

その日記の1冊は棺に入れさせてもらえましたが、残りの3冊はそのままでした。

もちろん中身を開いて読むことなどありません。

母の日記を読んでも自分にとって幸せになることなど書いてありませんから。

壱ページずつはがしてシュレッダーする?という案もありましたが

もう面倒なので、日記とはわからないようにして少しずつ捨てています。

日記とか写真とか、本人の「思い出」でしかない品物は、本人がいなくなるとすべてゴミになるんだなと実感しました。

なので、自分が2014年から書いている紙の10年日記も2023年で終わりになりますが、もう続きはやめようという決心がつきました。

他にも紙に書き残したものがあれやこれやありますが、徐々に処分して行こうと思うきっかけになりましたね。

デジタルデータは一瞬で消せるのでいいのですが、紙に残された個人情報の処分は何かと厄介です。

もっともデジタルデータは、整然と記録を残しておかないと、残された家族はどこになんの契約があるのかすらわからないので、もっと厄介になりますけどね。

あ~いろいろ面倒だな。

早く全部片づけたい!!!

3
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

tody

Posted by どらみ