やっとバトンタッチしたのだけれど

2018.10.28 11:10

昨日の夕飯も、病院でいっしょに食べてきたのですが
デザートビュッフェ付きとかで、部屋ではなく食堂でした。

病院で夕飯

他にも入院している産婦さんや子連れの家族もいたので、ゆいなは周囲が気になって気になってなかなか箸が進みませんでした。
それに、好きなおかずじゃない上に量も多いので、ちょっとやそっとで食べ終わりません。

比べてみると、大人とほぼ同じメニューの量が少ないだけなので、そりゃあ好みじゃあないでしょうw

大人はとっとと食べ終わっているのに、ゆいなは説得して食べさせて、説得して食べさせて、それでも1時間はかかったでしょうか。
18時からスタートしているので、そこからまだデザートも食べて・・・なので気が遠くなりそうでした。

金曜日の夜は生協の荷受けがあるので、時間には帰っていなくてはいけません。

小雨の降る中、いそげ!いそげ!で帰って(計ってみたら自転車でおよそ12分ほどでした)
そこからは私は寝るまで一人で全力疾走という感じです。

お風呂のお湯をためて、ゆいなと入って、ざっくりと自分の歯磨きをして

お風呂の残り湯で洗濯をしつつ食洗機を運転して、髪の毛を乾かします。

そうこうしているうちに生協のトラックがやって来たので、外に出て荷受けをし、雨の中、隣の実家の分を運び

自分ちの分を2Fに運ぶのですが、これが恐ろしいほど重い!

だいたい重くてかさばる物を生協で買うせいですが・・・

私の体調で階段を上がるのは本当にキツイんですよね。

そこに超重い荷物を持って、、、なので、いつも息も絶え絶えです。死にそうになります。

買ったものを冷蔵庫に片付けて、袋をきれいに畳んで片付けて、洗濯物を干していると、ゆいなが「歯、磨いて~!」と言ってきます。

しばらく自分で磨かせておいてその隙に洗濯物を(室内に)干し終えて・・・

書くと簡単ですが、やっている私はもうこの時点で死にそうに苦しいです。

ふーふー言いながらゆいなの仕上げ磨きをしてフロスもして、クリニカで口をすすがせて、虫歯予防のタブレットを舐めさせて、と。

まだお風呂掃除が残っています。

一人はキツイ。

風呂場の外でゆいなに見守られながらせっせと掃除をして、やっと寝る用意完了です。

3Fへの階段をゆいなと上がる頃にはヘトヘトでした。元気な人がやればどうってことないことですが。

病院を出てから寝るまで2時間。家事が凝縮されすぎ。

横になってから、まだ自分の歯磨きを完璧にやっていないことに気づきました。

いつもならお風呂場で完璧に仕上げるのですが、ゆいなといっしょで早く上がらなきゃならなかったので、中途半端で終わっていたのを忘れていました。

でも、もうそこから歯磨きをする気力は一ミリも残っていませんでした。

そして本当の恐怖は今朝目覚めてから始まりました。

ぐっすり7時半頃まで寝ていたので、そこまで体調が悪くなるとは想像もしなかったのですが

ゆいなが8時10分頃に3Fから降りてきて、その辺りから私の様子がだんだんおかしくなってきていて

それでも朝ごはんを食べさせないといけないので、頑張って用意して

でも、そんなにパクパク食べてくれるわけもなく・・・

私もあまりに体調が悪いので食べさせるなんてことも出来ず横になっていました。

横になっても、心臓の苦しさがどうにもこうにも治まらず大変で・・・息も苦しく今にも死にそうで・・・。

でも自分しかいないし、なんとかしのぐしかありません。

死にそうに苦しいのに「公園行こう」「公園行こう」って言われるんですよ?もはや地獄です。

こっちは救急車を呼ばなきゃやばいほど苦しんでるっていうのに、4歳児に理解されるわけありません。

どうしよう、どうしよう、Anにこの窮地を伝えたところでどうにも出来ないので言っちゃいけません。

隣の実家にバレてもいけません。

やっぱり一人で耐えるしかないじゃないですか。

ちょっと動くだけで心臓が止まりそうでした。

どうにかこの苦しさをマシにする術はないものか考えてみたら

そういえば、Anが入院してから時間がなくてフットマッサージをしていないな、ということを思い出し

もしかしたら、血流がよくなって何か変化があるかも、と思ってダメもとでやってみることにしました。

逆効果になることも懸念されたので、いつでもストップできるように構えながら。

結果的に、それがよかったのか、単に時間の経過でマシになったのか定かではありませんが

10分後には、ほ~~~んの少しマシになっていました。

それでも普段の苦しさが5段階の2なら、まだ4ぐらいはありましたけど。

ゆいな父が帰ってくるまでにはまだ3時間以上あります。

なので、なんとか病院まで連れて行き、病院の屋上公園(もどき)でAnに相手をしてもらうことにしました。

自転車に乗りながらも、途中、心臓が止まって倒れたらヤバいな、と考えながら恐る恐る。

病院で2時間ぐらいじっとしていたらマシになったので、何とかまた帰ってくることができましたが。

15時半頃やっとゆいな父が北海道から帰って来たので、バトンタッチしました。

今月、ゆいな父は北海道から3回目の帰阪となりました。

出張の時は全日空などで、伊丹空港利用ですが

私用の時はpeachで関空利用なので余分に時間がかかります。

今日は病院に宿泊だそうです。で、明日の昼ご飯まで病院で出してもらって、午後3時までには退院、という運びです。

こうして記事を書いている今の時間も、決していつもと同じではありませんが、動けているのでよしとします。

ひとまず私の任務は終わりました。

そうそう、赤ちゃん(りおな)は母乳だけでしっかり体重を増やして行っています。
そのせいか、いつみても寝ていますw

3

2018.10.28 11:10family

Posted by どらみ