ドタバタの一日

昨夜は23時40分ごろに寝て、今朝6時20分ごろに起きました。

まずまず眠れた方だと思います。

やっぱり自分の家の方が眠れますね。

そりゃあ無理だわ、あの環境でいい眠りを求めても。

それにしても今日も人の対応にずっと追われていました。

9時15分から2時間も訪問看護師さんがいらっしゃいました。

その間に、ケアマネさんとケアプランの確認と契約書類の作成。

終わったのが11時過ぎでした。

それから家に戻って本日はじめての食事です。

ほんの数十分居眠りしたあと、午後1時からはヘルパーさんがやってきます。

今日は責任者の人が初めましての人を二人連れてきました。

年齢は私よりやや(だいぶ?)高齢のヘルパーさんのようでした。

責任者が手順の引き継ぎをしていたので任せていました。

その間に、介護用品の担当者が来られたので、いろいろ店開きをしながら選定をしていました。

当の本人の感想を聞けないので、果たしてどれを使ってあげると寝心地がいいのかわかりません><

ヘルパーさんは時間通り1時間で帰られました。

次に訪問看護師さんがやってくるのが15時です。

うーん

基本、何もしなくていいのだけれど、自宅にとどまれる時間がほとんどなくてドタバタです。

今日は、週に2回入ってくれる別の事業所から来られる看護師さんです。

すごく丁寧に診てくださるのもあり、夕方も2時間近くいらっしゃいました。

その間、結構長く母は痰の吸引をされていました。

血中酸素量も90を割っていたので、気になられたのか、「30分後にもう一度様子を見にきます」と言われて帰られました。

その30分の間に私は自宅に戻って、娘の準備してくれた夕飯を食べ、またすぐに母のところへという状態です。

そして帰られてから電話が入り

主治医のところに報告に行ってくださった結果、明日の午後、主治医が往診に来てくださることになりました。

これで終わりかと思いきや

夜、メインの訪問看護師さんがもう一度痰の吸引に来てくださると言うではないですか。

それまでにお風呂に入り

洗濯物を干し

生協の荷受をし、大量に冷蔵庫に片付け

吸引機を置く台の改良をして早めに持って行ったら、1分後には看護師さんがやってきました。

そしてもう一人来る、という。

結局、吸引に時間がかかり、母はしんどそうでした。

徹底的に吸引してくれたおかげで、夜は安心して眠れる、のか?

よくわかりません。

ベッドの自動体位変換機能は使わないでおきます、と言って、横向きの体位で12時間近くそのままにすることになりました。

今は褥瘡の心配より、痰の落ち込みが少ない体の向きを優先します、ということでした。

なんだかな、、、

ずっと吸引されている様子は、正直なところ見ていてしんどくなってきました。

終わったのは、21時20分ごろでしたので、本当に朝から晩までという感じです。

ヘルパーさんを利用しようかどうしようか、という迷いもまだ残っています。

看護師さんは医療保険で派遣してもらっていて、一日二回来てくれます。

なんなら、明日なんて朝一のイレギュラーな時間に痰の吸引だけ来てくれるというので、三回です。

なんだか断りにくい状況になっているのですが、正直なところは看護師さんだけでいいかな、というところです。

一ヶ月間毎日ヘルパーさんに身体介護をやってもらうと、おおよそ13,500円ほどかかるようです。

スペシャリストの人が来てくれて、私の自由時間が増えたり、安心が増幅したりするのなら価値がありますが、つきっきりでヘルプしなきゃならないのなら、全部自分でやったほうがマシな気もします。

もうしばらく考えようかな。

2
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

tody

Posted by どらみ