特に高齢者は銀行に定期預金は絶対にしてはならない

2019.10.13 06:16

お天気の怪しい中、父を伴って銀行に行ってきました。

とにかく、一日も待ってはいられませんでした。

だって、父だって89歳。

いつ、何が起こっても不思議ではありません。

父名義の定期預金があるのなら、一刻も早く解約してキャッシュカードで引き出せる普通預金に入金しておかなくては大変なことになります。

1つ目は、三菱UFJ銀行の積立定期でした。

これ、父名義の口座から母名義の積立口座に毎月資金が流れていました。

なので、これだけでも、父名義の口座にお金を戻せないかと交渉しましたが、無理でした。

元々出所は父のお金なのに、一円たりとも引き出せないんですよ。

こんなおかしな話があっていいんでしょうかね。

それだったら、こんな別名義の口座にお金を流す契約をさせないでもらいたい!

父が同意したわけでもないのにね。

それでも、毎月、一定金額が父の口座から母の口座に流れるのだけは止めることが出来ました。

15日が振替日だったので、今月分だけでも流れる前に止められてよかったです。

次は関西みらい銀行へ。

ここには、(母が勝手に作った)父名義の定期預金があったので、解約して、父の普通預金口座に入金してもらいました。

これは、本人が窓口に行っているので何ら問題なく、スラスラと手続きは進みました。

何度も言いますが

定期預金って何のためにするんですかね?

こんな低金利の時代に、自分になにかあって意思表示が出来なくなってしまったら、一円も引き出せなくなってしまうんですよ。

自分のために使いたかったはずのお金が、自分のためには一円も使えなくなってしまうんです。

そして残された家族は大変な思いをするだけです。

一日も早く、定期預金は解約すべき!です。

家族のために、自分のために。

1

2019.10.13 06:16tody

Posted by どらみ