ちょっと楽しみに読んでいたブログ主さんがブログをやめるって書いていた話

2018.10.10 10:35

ブログ村を見て回っていると、いろいろなブログにたどり着きますね。
誰かがリンクを貼っていたりしてたまたま訪問したら、たまたま興味を持ってそのまま読み続けることもあります。

ブログって書くのは大変だけれど、読むのはせいぜい1分ほどですからw

「定年後離婚でまさかの下流老人」

というタイトルのブログでしたが
何やら、批判コメントが集中したのだそうです。

seesaaブログという無料ブログを使って記事を書いておられたから、そんなにたくさんコメントが入るんでしょうかね?

批判的なコメントは本当に不愉快ですよね。

私にも過去に経験があります。

だいたい家計について記事にするとそういった類のコメントが付きやすいようです。

あの文章は一生忘れないほど脳裏に焼き付いていますね。

匿名性をいいことに、好き勝手にコメントでブログ主を批判するなんて、本当に人間性の低さが伺えます。
批判的でなくっても、文章だけで表現する時はかなり神経をつかわないと相手に正しく伝わらないかもしれないのにね。

最近でこそ、不愉快になるようなコメントはありませんが(今のところ)
ブログでコメントを可能にしている限り、そのようなコメントの類を100% 排除することは難しいです。

だから、ブログ主は批判的なコメントに対して免疫をつけるしか方法がないわけです。

相手にしないのが一番とはいえ、腹が立ちますから

そういう時は、大々的に不愉快コメントを記事にして投稿主のIPアドレスも公開すればいいと思っています。
ネタに出来ると思えば、少しは気が楽ですw

そういえば、そんな記事を書いた時、ブログ村で注目記事としてアクセスが爆発的に集まった記憶もありますが。

「定年後離婚でまさかの下流老人」のブログ主さんは、まだブログ開設から1か月ちょっとだそうです。

ブログで収益があればいいなと思って運営されてきて、たった1か月ちょっとで「1万5千円弱」を得たと書かれていました。
そして「執筆活動に見合わない少ない収益」とも書かれていました。

たいていの人は何ヶ月もブログを運営して数千円を得るのがやっとです。
ただ日々の出来事と自分の思いを書いて1か月で1万5千円なんて実はすごいことです。

ブログはかんたんに始められる分、かんたんに止めてしまう人がたくさんいます。

収益を得ることを目標にはじめても、「なんだこの程度か」とすぐに諦めてしまう人がほとんどではないでしょうか。

ブログを始めた人は多かれ少なかれ、文章を書くのが好きな人に違いありません。
書くことで自分の頭の中が整理されることもあります。
いいことづくめです。

Luxeritas の指南サイトを作ってもうすぐ1年
Tigers の言いたい放題サイトを作ってもうすぐ2カ月

どこのだれが読んでおられるのかわかりませんが、たまにいただくコメントなどで、画面の向こうの人と繋がっていることを実感しながら楽しく更新を続けています。

ようやく今月には1か月で1万円の収益になりそうです。
ここまで1年近く掛かりましたが、全然満足していません。

「石の上にも3年」ということわざもあるように、1年でとやかく言っていてはいけませんね。
ましてや1か月とか、数のうちにも入りません。

3年頑張れない人がほとんどなんですけどね!

それにしてもせっかくのブログなのに、誤字にはため息しか出ません。

ブログを収入源として考えた場合、書く手間を考えたら割に会いません。
母のものを選択したり、車椅子に母を載せてホーム内を散歩するだけ。

あまり毎記事毎記事こうだとさすがに読まなくなります。

逆に何個誤字があるか数えるのを楽しみにすることもありますw
悪趣味です。

2
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

2018.10.10 10:35ブログ村

Posted by どらみ