野良猫事件

ちょうど1週間前の話になりますが

うちの玄関ポーチの照明がどうにもこうにも点灯しなくなり、電気屋さんを呼んで新しい器具に交換してもらいました。

その照明のスイッチは明暗スイッチになっているので、何ヶ月ぶりかで、ガレージの裏側のシャッターを開けました。

ちょうど玄関の真裏に当たる位置にスイッチがあるので。

母がそこからうちに来ていた頃は毎日開けっ放しのシャッターだったのですが、足腰が悪くなってからは裏手からは来られなくなり、以来、締め切っていました。

開けた瞬間

「うん?臭い?」

と思ったのですが

長い間締め切っていたので、通路に野良猫の糞尿でもされてるかな?

ぐらいに思ったのもつかの間・・・

ふ、と視界に入ってきたのは

野良猫の死骸〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

「ぎゃあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」

と叫びつつ2階にいる娘のところに一直線に駆け上がりました。

ただでさえ、心身ともに疲弊している私にこの試練ですか!

野良猫に餌をやる人が多すぎて、大迷惑しています!

娘に連絡先を調べてもらって、速攻で電話しました。

「え!敷地内やから回収してくれへんとかないよな?」

と不安がいっぱいです。

そんな不安をよそに、小一時間ほどで環境事業局の優しいおじさんが来てくれて、処分してくれました。

私有地内の場合は、立会いだけ必要らしいです。

おじさん曰く

「この辺、野良猫が多いな。わたし、何回も来てるで」

ということでした。><

ひぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

幸いまだ死骸の傷みが少なかったのが幸いでした。

もしあの日、電気工事を依頼していなかったら、きっと何日も何日もあのままだったに違いありません。

考えただけでゾッとします。

不幸中の幸いと思うしかない出来事でした。

3
にほんブログ村 介護ブログ 在宅介護へ

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ

tody

Posted by どらみ